美髪エステ

科学の水とアミノ酸で創る、
美髪エイジングケア!

S-AQUQ(サイエンスアクア)とは?
化学の水とアミノ酸で創る美髪チャージ

S-AQUQ(サイエンスアクア)は、ストレートパーマでもシステムトリートメントでもありません。
美髪チャージという新発想テクノロジー。

大人女子が、美しくあり続ける為に不可欠な美しい髪。
カラーダメージや加齢毛でバサバサな髪も、一瞬で憧れの美髪を手に入れる!
縮毛矯正でも、システムトリートメントでも、酸熱トリートメントでもありません。

S-AQUQ(サイエンスアクア)は、特殊なアルカリ電解水と脂質系アミノ酸を活用して、毛髪の形状変化をするという技術です。
酸熱トリートメントに間違われることが多いですが、S-AQUQ(サイエンスアクア)は、違います。

大人女子の本音

  • いつまでも美しくありたい!
  • 周りの方やお友達よりも、美を維持したい!
  • 自己投資
  • 美意識

に敏感な大人女子世代です。 今は、お金を払えば、エステでメンテンナンス、ジムでボディーメイキングなど、美意識を高めるサービスはたくさんあります。 でも髪は、白髪が気になり、髪に艶がなくなり、白髪染めをするたびに、バサバサで、後ろ姿がオバちゃんに見えないか心配で、自信が持てないのがコンプレックスという方も多いです。
S-AQUA(サイエンスアクア)は、いつまでも美しくと願う大人女子に提案するプロダクツです。
水とアミノ酸で創る美髪チャージというヘアデザイン。 失われゆく髪の美しさを、取り戻すというサプライズ。
取り戻した美しさを維持したいという心理。

あの頃に戻る! 後ろ姿も美しい選択をテーマに開発されました。
求められる時代のニーズに、応えるプロダクツです。

日本の人口が、少子化により、大きくバランスが変わりつつあります。
ビューティービジネスにとっても、第二次ベビーブーム世代に対しての提案が、大切になってきます。

クセ毛のメカニズム


1本の毛髪でも、曲がりが強い個所、緩やかな曲りの箇所では形状が違います。
毛髪の形状が異なる原因は、キューティクルの違いが確認できます。
毛髪が成長する段階で毛根の働きが活発な箇所と停滞の箇所があり、活発な働きの箇所は正常の柔らかいキューティクルとなり、停滞した働きの箇所は硬いキューティクルとなり歪な形状となることで、空洞が出来てしまいます。
コルテックスが成長して太くなっている過程で、硬いキューティクルの箇所には広がっていくことはできず、柔らかいキューティクルの箇所に押し拡がっていき、結果として毛髪の形状が歪な形となってしまいます。
また、停滞した箇所の毛根も働きが活発になることもあり、1本の毛髪でも毛根の働きの違いで、形状が異なってしまうと考えられます。

毛髪内部構造 真空電子顕微鏡画像

コルテックスの形状

キューティクルを、一部剥離させて、毛髪内部及びコルテックス画像を、確認しました。

コルテックスは、非常に細く軟らかい繊維の集合体であることが確認されました。
その繊維質の細胞が何万本ある集合体で、形状固定が出来ない繊維質の細胞でした。

毛髪内部には、繊維質のコルテックスのみが存在しており、油分や脂質の成分は発見されておりません。

キューティクルの形状

キューティクルの1部を立ち上がらせ​形状を確認した。

 


キューティクルは、比較的大きな薄い膜状の細胞で、餃子の端のようなイメージで、少しずつおり重なる形状で存在していました。
これらが、何重にも重なりキューティクル間CMC(脂質)で接着されるようにキューティクル層を構成しておりました。
​毛髪の形状変化は、コルテックスという繊維質が変化するというより、キューティクルの移動により変化していたのではないかと仮説をしております。
​アルカリ電解水と脂質性アミノ酸で形状変化できるメカニズムです。

S-AQUA(サイエンスアクア)施術後の毛髪内部

未処理毛 毛髪内部
2ヶ月ごとにカラー

S-AQUA(サイエンスアクア)施術後 毛髪内部
コルテックスの潤いが確認
S-AQUA(サイエンスアクア)施術後 キューティクルの状態
コルテックス内部の水分量

なぜ、水で髪を変化させられるのか?

S-AQUA(サイエンスアクア)は、アルカリ電解水の油分を軟らかくするという特徴を活用したキューティクル移動理論です。
アルカリ電解水を髪組織及びキューティクルの間に浸透させ、キューティクル間CMCを軟らかくして、キューティクルを移動させて、毛髪の形状変化をさせます。
髪の毛が変形する原理は、キューティクル間に存在する、油分(CMC)にOH(pH11.1程度)の最小分子のアルカリ電解水を浸透させます。
OH-に水酸化イオンに傾けた水には、油分を「やわらかくする」「溶かす」という特性があります。
それにより、キューティクルの移動が形状変化となります。
また、最小分子の水が、S-AQUA(サイエンスアクア)に混入させたホホバオイルや皮脂系油分を抱え込みながら、髪内部に浸透して、疑似修復も期待できて、潤い艶を与え美髪チャージ!
キューティクルの硬さ誤差を少なくして、クセの修正も可能です。

S-AQUA(サイエンスアクア) 経過例

1回だけの施術ではなく、1回目よりも2回目。
2回目よりも3回目と、定期的に施術して頂くとより良い状態になります。

 

 

 

 

メニュー

美髪エステ ¥20,000(税抜)

予約 Google Maps Page top